One day at SUNSET

One day at SUNSET

この日、大きめの傘を差していても足元がびしょ濡れとなる大雨の日だった。
夕方にかけて雨も小降りとなり、その帰宅途中空は赤く染まり素晴らしい夕陽となった。

助手席にあったのはFUJIFILM X100F。
思わず窓の外に向けてシャッターを落とした。

FUJIFILM X100F
FUJIFILM X100F
FUJIFILM X100F

iPhone 13が発表され、これまでのiPhoneや他のスマートフォンとの違いはやはりカメラだろう。
iPhone Xsを使い続けていたが、このタイミングで変えようと思っていたのでiPhone 13Proを予約した。光学レンズが3つもついて6倍の光学ズーム域を持つ。手にしていないので想像の域だが、驚くほどよく写るだろうし、RAWでも撮影できるときてる。携帯性も圧倒してるし、世の中からコンパクトデジタルが姿を消すはずだ。

そうなってくるとコンパクトデジタルのみならず、世のデジタルカメラにはiPhoneでは撮れない何かを求めてしまう。それはやはり描写力だろう。よく写るだけではない、そのカメラでしか表現できない趣や特別な画作り。

この日、その夕陽を捉えたX100Fは、その何かを持っているような気がした。

FUJIFILM X100F
FUJIFILM X100F
FUJIFILM X100F
Prev X100Fという個性
Next SNAPS MOROCCOまでの道程

Leave a comment

Right click isn't possible