SIGMA 85mm F1.4 DG DN × LEICA SL2

SIGMA 85mm F1.4 DG DN × LEICA SL2

SIGMA 85mm F1.4 DG DN ART × LEICA SL2

新しくなったSiGMA 85mm ARTレンズ。一眼レフ用のSIGMA 85mm F1.4 DG HSMを所有していたが、コンパクトなミラーレス用のDG DNが登場したので、早速買い替えた。
サイズ的にはほぼ半分。重量も圧倒的に軽くなった。旧DG HSMモデルは一眼レフ用という事もあってLEICA SLにはフォーカスも遅く迷う場面も多く、SLのファインダーの見栄の良さを生かしてMFで使うことの方が多かった。
しかし新しいSIGMA 85mm F1.4 DG DNはやはりネオデジタルと言うだけあって、LEICA SL2の動体AF等にも対応していて圧倒的に軽快である。また動画での使用もかなり考慮されており、操作系もいろいろ細かく配慮がなされている。

LEICA SL2 / SIGMA 85mm F1.4 DG DN ART
LEICA SL2 / SIGMA 85mm F1.4 DG DN ART
20200911-L1010424
LEICA SL2 / SIGMA 85mm F1.4 DG DN ART
LEICA SL2 / SIGMA 85mm F1.4 DG DN ART

SIGMA 85mm DG DNは非常に高い解像度とピントのキレ味。鋭くかつ繊細なシャープネスを感じる。すでに手放した85mm DG HSMと比較しても描写の違いは余り感じられないが、DG DNの方が、キレがいいように思う。ボケに関しては溶けるような美しさだ。独特の表現力を持つレンズかというとそうではないが、強烈な写りの良さからくる力強さを感じる。
とにかくこのレンズの魅力はコンパクトかつ軽量とという事だろう。画質は最高だがサイズ度外視というSIGMA ARTレンズのイメージだったが、それを完全に払拭している。まさに写りとサイズを両立している。

LEICA SL2 / SIGMA 85mm F1.4 DG DN ART

個人的には、カメラのバランスというものはやはりボディ側に重心があり出来ればレンズはコンパクトというのが理想だ。LEICA SLは決してコンパクトなボディではないが、いざ撮影する道具として使い出せばこの大きさが非常にバランスがいい。
それに装着するレンズは、このSIGMAのDG DNシリーズが程よいサイズ。85mm F1.4 DG DNはフードこそ大きくあたるが極めてコンパクト。続けて50mm ARTも出して欲しいものだ。

20200911-L1010426
LEICA SL2 / SIGMA 85mm F1.4 DG DN ART
Prev 写真展「日常の在る日々」
Next Rangefinder という存在

Leave a comment

Right click isn't possible